消火器・廃棄

消火器の点検


オリ子ちゃん

消防法で設置が義務付けられている防火対象物では、消火器の点検・報告の概要が定められています。 
消防法に基づく法定資格者(消防設備士 または第一種消防設備点検資格者)による定期的な点検を受け、異常のあるものは整備を行って下さい。

消火器の廃棄について

消火器を廃棄する場合は、専門業者に依頼してください。一般のゴミの様に捨てることはできません。
また、家の隅などに放置しておくことも大変リスクが伴います。 なぜなら、消火器は非常に高い圧力で消火薬剤または強化液を噴射・放出する圧力容器です。 サビによる腐食、キズや変形やキャップの緩みが原因となり破裂し、重大な事故につながる危険があります。  
廃棄については必ずお求めの販売店かメーカーにご依頼ください。なお、不要消火器の廃棄は有料となります。  

廃棄される場合は、当社にお問い合わせください。

消火器の使用期限・耐圧試験

 消火器の設計標準使用期限は8〜10年です。(業務用) 消火器本体に貼ってある銘板に、表示されています。 住宅用消火器や、エアゾールタイプの消火器は、3〜5年で容器に最終年月が表示されています。 容器の耐圧年数を過ぎたものは、使用しないで早めの取り換えをおすすめします。 耐圧年数前でも、消火器にサビやキズがあるものは、新しい物と交換してください。

消火器の製造年から10年を経過したものは、耐圧性能点検(水圧試験)が必要となりました。 これは近年、長期間放置された古い消火器を操作または廃棄処理しようとした際に、消火器が破裂して死亡または重大な怪我をする事故が多発した為です。
(耐圧試験による内容は下記参照)
一般社団法人 日本消火器工業会

ページ先頭へ