サービス概要―避難はしご(つり下げ式)

OAシリーズのつり下げはしごとは

 ここではつり下げはしごのうち、miniSOSについて述べています。mini−1○○(ミニハイフォンイチマルマル)で表されます。まえの○には0・1・2・3・4・5のいずれかの数字が入り、これは長さを表します。後の○には1・2・3のいずれかの数字が入ります。1が自在フック型、2が約φ50までのパイプに使える標準的なナスカンフックA型、3がφ50以上のパイプ、異形管等専用格納箱で使うナスカンフックB型をそれぞれ表します。型式番号は以下の通りです。

前型式番号(失効ではありません)

1. 自在フック型

「は第28−1号」:mini−101、111、121、131、141、151

2. ナスカンフックA型

「は第28−2号」:mini−102、112、122、132、142、152

3. ナスカンフックB型

「は第28−3号」:mini−103、113、123、133、143、153

①つり下げ金具
 縦棒の先端に左右各1ヶずつ取り付けます。自在フック1式つり下げ金具(コの字型)とナスカンフック2・3式つり下げ金具をそれぞれ有するタイプがあります。自在フック型は窓枠やバルコニーの腰壁に掛けるタイプです。工場出荷時で幅約205mm、有効最大幅280mm、有効最小幅60mmです。ナスカンフックA型は最大φ約50mmのパイプに対応できます。ナスカンフックB型は、φ50mm以上のパイプや異形管等に対応できます。
miniSOS避難はしご

ページ先頭へ